第2回!東京都練馬区産ヒラタクワガタ割り出し!




本日は2019年7月21日(火)です。
前回、ヒラタクワガタ割り出ししたのは7月2日でした!
15頭も採れて感動しました!

越冬個体だったし、そんなに数は採れないかな。。。一桁かな。。。
なんて思っていたところに15頭だったので嬉しかったですね~
採集時と同じくらい嬉しかったですね。

前回割り出し時は、マットだけでもけっこう採れたし産卵木も固そうだったので、材は割らずに終えています。

あれから約20日経っているし。
そろそろ、材も確認しますか!
ということで、第2回の東京都練馬区産ヒラタクワガタの割り出しです~~!

まずは下準備

メスさんにはちょっとご移動頂きました。
お子さんたちを取り出す間、別のケースに入って頂きます。

エサ皿や、転倒防止の木の皮などを取り除きます。
マットと産卵木だけの状態にしました。

材割開始!食痕発見!

ヒラタは湿気が多いほうが良いということで、けっこう湿気を与えておりました。
のでなかなかスポっとマットや材もとれません。
上から少しずつ、マットや産卵木を取り出し・掻き出して行く形で割り出しを進めます。

材が非常に柔らかくなっていて、手でも割り出せるほどです。
オオクワガタはこれだと水分多すぎなんでしょうが、ヒラタクワガタはこれでOKなんでしょう。

これはっ!

材の上部を手で剥がして見ると!
分かりますかね、細かく砕かれた木くずのようなもの!赤枠で囲っています。
これは間違いなく食痕!

うちのおばあちゃんメス、フセツも欠けてて踏ん張れないのに、材にも産んでくれているようです!

さらに進めると、さらに大きな食痕が出てきました。

期待!

さらに材を剝くと!
出てきました!
なんと卵と幼虫のダブルです!

すごいなあ、あの足でしっかり材にも産んでます。
しかも卵ってことは、現在進行形で産卵が続いているということです。
越冬個体でもあなどれません。

もしくは栄養状態が厳しい自然の個体が、栄養豊富な飼育環境に来たからなんでしょうか。今まで産みたくでも十分産めてなかったのかな。。。

こうして採集跡の姿から採集前のことを考えるの、楽しいですよね。
どんな環境でどんな暮らしをした後で家に来てくれたのかなって。




まだまだ出てくる!

どんどん割り出し進めます!

幼虫2頭目!
材の下から、幼虫3頭目!
4頭目!
5頭目!
6頭目!
7頭目!

ということで、本日は卵1個と幼虫7頭でした~!

前回15頭採れてますんで、これで幼虫22頭、卵1個となりました。
いやーほんと越冬個体でも全然産みますね。

3回目の産卵セット!

全ての材とマットをもとのケースに入れて、またメスを投入です。
ヒラタクワガタはマットでも産むので、材を割ってしまっても新たな材はいらないかと思います。
ま、今日も全て割りつくした訳ではなく、食痕がなくなったところで割るのやめているので、材の形状を保っている部分もまだあります。
今回卵も出ていますので、まだまだうちのおばあちゃんメスは引退しないです!
さらに産卵をお願いしたいと思います!

とはいえ、
6月1日に産卵セット投入
7月2日割り出し、幼虫15頭
・7月21日割り出し、幼虫7頭、卵1個
とやはりペース落ちてきてますかね。

産めるだけで良いので、もうひと頑張りお願いしたいところです。

3回目の産卵セット。頑張れ~

しかしワイルドのメスは、この子もそうだし昨年のノコギリクワガタもそうでしたが、持ち腹なんですよね普通は。
なぜうちのワイルドオオクワガタは産まないのか。。。