クワガタ採集@さいたま市 (追記あり!)

2019年5月29日




さいたま市荒川沿い公園へ!2019年5月26日(日)

今日は2019年5月26日(日)です!
まず朝イチで親父一人で出撃しました。 さいたま市荒川沿いの某公園です。バス停から歩いて5分くらいで着きます。

ここは私自身では、カブトムシ幼虫、コクワガタ幼虫、ヒラタクワガタであってほしいクワガタ幼虫(まだ幼虫なので何になるか不明ですが、明らかにコクワではない。結局オオクワガタか!?)の採集実績があります。
ネットで見るとヒラタクワガタもいることになっています。

そろそろヒラタクワガタのシーズンなのでヒラタクワガタ成虫を何とか採りたい!!
私はまだヒラタクワガタだけは採ったことないのです。。。
(*この当時は。その後練馬区でヒラタクワガタ採集できましたっ!)

樹液ポイントを探す!

カブトムシ・クワガタ成虫採集の極意はにかく樹液が出ている木を探すことです。
樹液が出ていない木をいくら探しても、成虫はいないことが多いです。
場合によっては樹液ポイント見つけなくても採集できますが(例はこちら)、樹液ポイントを見つけるほうが早いです。
採集方法はこちらのページも是非ご覧ください!初心者様必見!)

こちらの公園、季節的なところもありますが、今回は樹液が出ている木がなかなか見つからなかったです。
幼虫が育つ環境はいたるところにあるので幼虫は簡単に見つかります。

コクワガタ幼虫

このコクワガタ幼虫さんはちゃんと埋め戻しておきました。

成虫を見つけるのは苦労しました。。。
歩き回って、やっと樹液ポイントを見つけました。

ダラダラに樹液が出ていますが、この木には甲虫の姿はありませんでした。 (夜は大量にいました!後述します)
この近辺を散策すると、別の樹液木も発見しました。ちょうど良い感じの洞もあります!

クワガタは樹液木のこのような隙間にひそんでいます。この写真ではわかりづらいですが、この隙間に3~4匹はコクワガタがいました。 掻き出し棒で出そうとすると奥へ行ってしまったので大変苦労しましたが。。。。
(洞は絶対に壊さないでくださいね!)

そして苦労の末に。。。

小さめのコクワガタ オスをゲットしました。 コクワは家にたくさんいるので持ち帰りはせず、写真だけ撮ってリリースしました!
コクワガタでも見つかると嬉しいですが、残念ながらヒラタクワガタは見つからず。。。

*2019年6月16日追記: この公園でカブトムシ、コクワガタを発見!
*2019年8月11日追記: この公園で再びカブトムシも採集しましたよ~
*2019年8月15日追記: この公園でさらに新規ポイント開拓しました!
*その他首都圏での採集記はこちらを是非!2019年最大のヒットは埼玉県三芳町でした!

クワガタが見つかるのは、当たり前ですが成虫と幼虫両方が生きていく環境があることです。
成虫は樹液。幼虫は朽ち木です。
雑木林でも、落葉や倒木を掃除してしまうようなところでは幼虫が生きて行けません。
こんなふうに倒木がそのままになっている環境が大事です。

ちなみにこの木からは以前コクワガタとカブトムシ幼虫を採集しましたよ!朽ち木の中からカブトムシ幼虫!は初体験でした。




そして夜。。。今度は家族4人で出撃です。

昼間一匹もいなかったですがコクワガタがかなりいました。
やっぱ夜来ると違いますね。

けどやっぱりヒラタクワガタはいなかった。。。

*よろしければ、その他首都圏メインの採集記もこちらから読んでいってください!

ところで、夜の採集はライト必須です。特に子供はどこ行くかわからないので、うちはヘッドランプをつけて、明りの数ですぐ人数がわかるようにしています。うちの子たちはこれ使っています。


大人はヘッドランプとこちらの手持ちを兼用しています。充電池が2本ついてくるので、切れても電池交換して採集が続けられます。便利です!