ニジイロクワガタ産卵18個!次は菌糸ビン産卵セットへ!

2020年2月8日




本日は2020年2月8日(土)です。
先日1月30日に、温室のない我が家でニジイロクワガタが産卵した!とお伝えしました。

しかし最近様子を見ると、メスが潜っている形跡がありません
見るたびに地表に出ています。
もう産むスペースがないのか、マットが劣化したのか。。。
このまま置いておいても仕方ないな、ということでいったん採卵して次の産卵セットへ引っ越すことにしました!




まずは1月30日に卵が見えたセットから

卵は10個!

最初に卵が見えたほうから割り出しをします!
ケースはダイソーの300円ケースです。底面積12cm x 20cm、高さ14cmほどの小さなケースになります。

この写真で分かるか不明ですが、けっこうダニがわいていて。。。
ダニが多いと産卵に不利とかあるんですかね。。。

作業としては簡単で、このようにタライにぶちまけて、ガチガチに固めたマットをほぐしていきます。

カブトムシもそうですが、だいたい固い塊の中に産んでいますよね。

結果です!
こちらの産卵セットからは合計10個の卵が採れました!

こんな感じで卵が出てきましたよ~

ま、これだけ採れれば累代にも問題ないですね。
10頭は幼虫育てたいと思っていたのでちょうど良し!

ですがニジイロクワガタ産卵はこんなもんじゃないはず!
軽く30個くらいは行くはずなのでまだまだチャレンジします。

今回しっかり産卵してくれたのは「きのこマット」でした!カブトムシでも何にでも使えるので、我が家はマットはきのこマットに統一しました。

メスは今度は1300ml菌糸ビンへ!

実は我が家では菌糸ビンでの産卵は初めてです。
食べなかった菌糸を再利用してオオクワガタが産卵した、という事例はありますが新品の菌糸ビンで産卵させるのは初体験!
一昨日のうちに冷蔵庫から取り出して、室温になじませておきました。

小さな穴をあけて頭から突っ込みました
無事に潜りました!

使っている菌糸はこちらです!しっかり産んで欲しいがどうか!?

1月31日に卵が見えた産卵セット

こちらは卵8個!

続いて、前回記事の下に追記した、1/31に卵が見えたほうのセットです。
こちらも同じくダイソーの300円ケースです。

タライにぶちまけてマットを確認しました。
写真は一部だけですが、8個採卵できました!

メスは今度は1300mlマット入りボトルへ!

実はこちらは既に2月6日にメスを抜いて、次のセットへ引っ越しています。
こちらのセットのほうが先に潜らなくなっていた感じなので、一昨日に既に対策済でした。
我が家ではマットボトルでの産卵も初体験です。
こちらでは何個産むのか、非常に楽しみです!

本日の虫活まとめ!

ニジイロクワガタ採卵18個!

きのこマットを入れた大き目のプリンカップへ入れて、孵化を待とうと思います!

新たなニジイロクワガタ産卵セット!

まだまだ産んでもらいます!2回目の産卵セットに入ってもらいました!
ボトル産卵は初体験です。
しっかり産んでくれるかな!?

2月11日追記: 孵化しました~!

無事に孵化第1号が確認できました~!
元気に育ってね~