オオクワガタ能勢YG、もう1ペアも温室なし産卵セット組みます!

2020年2月11日




一昨日2月9日に、オオクワガタ能勢YGペアが温室なしで産卵開始した!という話を書きました。

本日は2020年2月11日(火)です。

実は、2月頭から能勢YGもう1ペアを起こしにかかっていました!

我が家は能勢YGは合計5頭おります。
2018年12月に幼虫で購入して、昨年羽化させた個体です。(掘り出し時の記事はこちらから!)

その新たに起こしている1ペアのほうも、そこそこ仲良くしているようなので産卵木を投入します!
最初のペアに比べるとエサの消費がイマイチなので、念のためオスはまだ抜かないで同居継続で行きます。




菌糸食べ残しも使います!

我が家では、オオクワガタ産卵セットには幼虫が食べ残した菌糸も入れちゃいます
それは他ならぬ成功体験があるからです。
昨年、南会津で捕まえたオオクワガタ食べ残し菌糸に産卵してくれました。

今回入れるのは、結局コクワガタだった地元採集個体の食べ残しです。
けっこう古い菌糸なのでどうかなとも思いますが、何事も挑戦です!

使っているケースはダイソーの米びつです。
食べ残しもそんなに多くはないので、底面の3分の2が2cmくらい埋まった程度でしょうか。

写真は撮っていませんが、この後、乾燥防止に菌糸の上にはマットを薄くしいています。

産卵木も投入!

もちろん、食べ残し菌糸だけでは不安なので産卵木も入れます!
使うのはフォーテックさんの産卵木です。
今回初めて使いますが、有名メーカー製でけっこう安価、個別包装なので今後はこれをメインに使おうかな、って感じです。
我が家調べではCharmさんで買うのが一番安く済むかなと思います。
固さも柔らかすぎず、オオクワガタにはぴったりな感じです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

産卵木 コナラ 7.5〜12cm 関東当日便
価格:270円(税込、送料別) (2020/2/11時点)

前回のセットでは、産んでくれていますがカビが発生してしまったので、反省して加水後にマットをこすりつけました
カビがあっても関係ないようですが、見た目良くないですしね。
乾燥防止に皮は半分残しています。

あとは、産卵セットに入れるだけです。
産卵木を菌糸がないほうに置いて、菌糸の上にマットを敷き、転倒防止材(これも元産卵木の割り出しカスです。徹底的に再利用!)を敷いて、エサ皿とオオクワガタペアを投入しました!

ま~前回のセットよりは良い感じかな~!
前回セットは産んでくれていますが産卵木だけだったので、それよりさらに産める環境がそろったかな!

エサの消費がもう少し良くなってきたらオスを抜いて、産卵に専念してもらいます。

冷蔵庫廃熱板の上へ!

遮光のためチラシをかけているので見づらいですが、冷蔵庫の上に置きました!
あとは祈るのみです!
頑張れよ~!

ちなみに段ボールの中には南会津産オオクワガタ幼虫などが入っています。

追記: 続きです!2/20、こちらの産卵セットも産み始めた様子です!