さいたま市産不明幼虫その後・南会津町産オオクワガタ WF1 菌糸交換 その8

2020年2月29日




2020年2月29日(土)です。 2月も終わりですね。
皆様、新型コロナウィルスの影響はいかがですか?我が家は会社が部分的在宅勤務になり、子どもの学校が休みになり、と影響が出始めています。幸い身近なところでの感染は起きていませんが、しっかり気を引き締めて行きたいですね!皆様もお気をつけて!

今日は久しぶりに菌糸交換です!前回交換したのは1月10日なのでホントに久しぶり。
自己採集してきた福島県南会津町産オオクワガタの仔でございます。




本日の交換個体: 12月11日に交換した6.1gの個体!

当時の記事はこちらです。

下の写真の通り、かなり食が進んで劣化も激しくなってきています。
まだ2か月半ほどですが、替え時ですね。

実は側面にこのように姿が見えており、蛹室じゃないよね。。。という心配もあるのですが

掘り出してみました!

なんと5.8g。。。

おおおおお。。。。
前回の交換時に12gのメスが出たばかりだと言うのに。。。
たった5.8gですか。。。
菌糸にも入れていたのに。。。

ダントツに小さいです。
他のメスも、小さくても7-8gはあったんですが。。。
うーん。WF1ですし、そんなに大きくなる訳でもないし、個体差と言えばそれまでですが。
こんなにも差があるものなんですね。

マットボトルへお引越し

菌糸ビンも用意はしていたのですが、あまりに小さいので菌糸はやめてマットにしました

けっこう黄色っぽくなってきており、しわしわになってきているので蛹化も近いかなと。
菌糸ボトル変えてすぐ蛹化しちゃうともったいないですから。

マットでこのまま飼育して、成虫になってもらおうと思います。

5.8gのWF1オオクワガタメスって、あるんだ

今回の個体は間違いなくWF1オオクワガタのメスです。
母メスを採集しているので確かです。

ここで思うのが、さいたま市の某公園にて、幼虫で採集してきたこの個体

オオクワガタにしては体重少ない。。。と思っていたのですが。
はからずも、今回5.8gのWF1個体がいることが分かりました

ってことはやっぱりこいつはオオクワガタ。。。!?

今日のさいたま市産不明幼虫の様子

特にボトル側面から姿は見えません。

これは上から見た写真ですが、マットがフタのところまで来ているの分かりますかね?
暴れていることが分かりますね。
もしかすると見えないところで蛹室作っているかもしれませんね。

あともう少しで答えは出ます!
楽しみ!

3月12日追記 マットボトルに入れた南会津WF1、見事に前蛹になってました!マットで正解でした。